サラ金の貸出限度額を増やすことの問題

消費者金融の借り入れ限度額。増額することで起こってくる問題とは?

サラ金などの貸金業者から、借り入れを行う場合、金利の他借入限度額が決められます。借り手にとってはこの限度額が大きいほど、多額の借り入れるができるわけで、有利なようにも思えます。

この限度額については、貸し手の金融業者のかりてにたいする信用度が上がることで増額してゆくことが考えられます.。また定期的に借りて確実に反すことも相手の信用を得るやり方と言えるでしょう。

しかしこのことは、借金の額を増やすことでもあるわけです。まともな金融業者にとっては、適正な貸し出しをおこなって確実な利益を上げるためには貸出額に注意するのは妥当なことでしょう。

これに対し、悪質な業者にとっては、弱い立場のものをターゲットにして、違法な手段で取り立てを行うわけです。むしろ相手に過大な借り入れをさせて追い込んでいくことが彼らのやり方であると言えます。

そのために悪質な業者は限度額にこだわることは無いはずです。むしろ返済困難な額に近いところまで貸し込むことを考えると思われます。

この意味からいえば、限度額に厳しい業者は比較的優良な業者と考えることもできるわけです。

また今日では総量規制ということがあります。このため原則的には、一部の例外を除いては消費者向けの金融は総額において、その人の年収の3分の1を超えることができないことになります。このことが厳格に守られるのなら個別の業者の限度額にはそれほどの意味はなくなるはずです。