サラ金への返済が困難なときの金利の見直し

サラ金からの借金の返済に困ったとして、その金利は正当なもの?

サラ金からの借金の返済に困ったときの方策としては、まず任意整理や、特定調停により債務の整理を行うことが考えられます。

これらの場合、利息制限法に基づき債務の利息を改めて算出し直すことにより、もし過払いがあれば減額することもできます。

利息の上限については、出資法と利息制限法の二つの法律によってきめられています。出資法の上限は20%であるのに対し貸金業法の上限は10万円未満は20%、100万円未満は18%、それ以上は15%となっています。

今日では、出資法の上限を超える貸し出しは刑事罰の対象となり、利息制限法との差額にあたる部分については民事上無効とされ、行政処分の対象とされます。

このように、今日では法律上サラ金業者に対しては、高利の貸し出しについて厳しい規制がもうけられています。しかし、一部の意見では,この厳しい条件が貸金業者に課せられていることで、貸し出しがむつかしくなり、その結果違法なヤミ金業者の活動の場所が広がったともいわれます。

このため、借り入れの困難な人の弱みに付け込んで悪質な業者が貸付を申し出てくることがあります。この場合高金利であったり、違法な取り立てが行われることが十分に考えられます。

もしかりに違法な金利を要求された場合、最寄りの警察の生活安全課などの部署に連絡して相談を受けることが大切です。また暴力的な行為や脅迫に近い取り立てが行われたときにも必ず警察に通報するべきです。