ブラックリストにのる相手に貸すサラ金とは

ブラックリストに載っても貸してくれるサラ金って大丈夫なの?

サラ金など金融業者からの借り入れの返済ができなかったときや、自己破産や個人再生などの手段で債務の整理が行われたときには、個人信用情報機関に事故として登録されることになります。いわゆるブラックリストに名が載せられるわけです。

こううなった場合には、新たな借り入れができなくなるなどの不都合が起こってきます。

それにもかかわらず、一部の貸金業者の広告にはブラックでもOKという文言の広告がされているのを見かけます。これはいったいどういうことなのでしょう。

今日では、貸金業法や、利息制限法などによって貸金業者の活動はには規制が加えられています。このことにより貸金業務の安全性は高まることになったわけですが、その反面利益を圧迫し、貸出量を抑えることにもなります。

この結果、悪質な業者などは表立った活動の場所から締め出されることになり、強引な取り立てなどの手段も封じられた形になります。少なくとも表立った場所においては。

また、貸出量が減ったことで、弱い立場の借り手は、借り入れが難しくなったことも考えられます。このような状況において悪質な業者は弱い立場の借り手をターゲットにすることになり、また弱い立場の借り手はこのような悪質な業者に頼らざるを得なくなることもが考えられます。

ブラックリストに載った人などは借り手としては最も弱い立場と言えるでしょうが、それをターゲットとしている業者に問題があることは十分に予測できることだと思われます。