サラ金の貸し出し限度額を増やすことの問題

消費者金融の限度額を増額した場合、その時どんな問題がある?

今の時代において、サラ金などの業者からの借り入れを増額することのメリットデメリットについて考えてみましょう。

今日では、貸金業者からの借入金利も出資法や利息制限法の金利の上限によって、規制されています。また、貸金業法の規制も厳しくなり、悪質な取り立てなどは表立ては行なわれにくくなりました。

このことで借り入れの安全性は高くなったともいえるわけですが、逆に貸し手の側にとっては利益率を抑えられることになり、貸し出しが困難になるという結果ももたらします。また借手にとっては借金がしにくくなるという問題も起ってくるわけです。

悪質な業者なども表立っては活動が難しくなるわけで、彼らの活動は借り入れの困難な立場の弱い人に向かうことが考えられます。普通のやり方では利益の上げられない業者が、普通のやり方では借金のできない人をターゲットにしていることが予想できるわけです。

貸金業者が貸出に対し慎重な時期とは、借手にとっても返済が難しい時期ともいえるわけです。そういう時期に借入額を増やすことには慎重であるべきだと言えます。

それからまた、総量規制の問題もあります。サラ金などの貸金業者の場合債務者の年収の3分の1を超えた貸し出しは、原則的にできないことになっています。このことに対する規制は、改正された貸金業法においてもさらに強くなっています。

ですからサラ金などからの借入額は増額することは困難な時期であり、さらなる借り入れを勧められるときには十分な注意が必要であることが考えられると言えます。