借金苦の時弁護士にどこまで頼れるか

サラ金からの借金が返せないとき、弁護士に相談してできることとは

借金の返済が困難になった場合、債務の整理を行わなければならない事態に陥ることが考えられます。

このような場合の手段には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などがあります。

任意整理の場合、債務者は債権者と話し合って和解することが必要です。このとき普通弁護士か司法書士と相談のうえで行います。やはりこのような業務になれた弁護士などに頼むのが賢明です。

これ以外の特定調停、については個人で行うことが可能なため、費用の面では安く済むことが考えられます。しかし、債権者にとってはメリットの少ない話ですし、債権者と債務者の力関係を比べるなら、債権者の立場が強いに決まっています。この場合にも弁護士か司法書士に相談することが有利といえるでしょう。

自己破産、個人再生についても裁判所を通じて行うもので、弁護士との相談が必要となります。

また、債務整理が開始されて、その旨が弁護士や裁判所から書面で債権者に通知されたときには債権者の取り立て行為は規制されることになります。

債務の返済が困難になった場合早い時期に弁護士に相談して債務の整理を検討するべきであるということが言えます。この場合債務整理などの業務に熟達した弁護士を探して、どのようなやり方が一番適切かを十分に検討するべきです。

先に挙げた債務整理のやり方には、それぞれメリットデメリットがあります。これは債務者にとってのメリットとデメリットもありますが、弁護士の側から見てのメリットデメリットというものもあるわけです。弁護士の中にはすぐにお金が入るという理由で自己破産を勧める人もいるという話もあります。

ともかく信頼のできる弁護士相談することが必要だと言えます。