サラ金 審査 緩い

急ぎの借り入れは、ネットで申込めて審査が緩いサラ金がいいですよ

僕がサラ金からお金を借りようと思ったのは、一気にイレギュラーな出来事が襲ってきたのがきっかけでした。正社員として仕事をして3年。それまでは貯金をするまではいかなくても生活に困ることもなく、趣味にも多少お金を使えたりもできていました。しかし、不思議なもので、財布から出て行くときは、タイミングを見計らったように一気に出て行ってしまうものなんですね。

僕に一気に襲ってきた出費の波は、本当にイレギュラー的なものばかりでした。最初は入院していた祖父がもう長くはないということを聞かされて、「礼服くらい作っておきなさいよ」と母に言われたことでした。祖父の葬式の準備をしているようで最初は気が進まなかったのですが、礼服は冠婚葬祭で幅広く使う社会人の必須アイテムなんだから、今のうちに作っておいた方がいいよな…と気持ちを切り替えて数万円の出費をしました。

その後間もなく、祖父がいよいよ危ないということになり、会社を早退して病院へ駆けつけようとしたときに、2つ目の出費が襲ってきました。気が急いていたんだと思います。スピード違反でパトカー(ネズミ捕りというやつです)に捕まってしまい、1万数千円の反則キップを切られてしまいました(涙)。

さらに、祖父が亡くなったため(幸い最期には立ち会うことができました)、数日会社を休むことになり、復帰後の挨拶として手土産くらいは持っていかなきゃというので数千円の出費…。その他にも通常のお付き合いなどで出費があり、結局その月は完全に生活費を差し引いた後の給料では足りなくなってしまい、考える暇もなく借り入れという選択をせざるを得ませんでした。

僕にはお金を借りるという知識がほとんどなく、どこからどうやって借りたらいいのかもよくわかっていませんでした。そこでおもいついたのがネット検索でトップの方にくる会社なら大きな会社で安心だろうということでした。やってみると、聞き覚えのある大手のサラ金が上位に表示されていて、悩むことなくスムーズに公式サイトにたどり着けたのを覚えています。そこでさらにビックリしたのが、ネットで申込めるということでした。僕の仕事は倉庫内での在庫管理や出庫作業の監督という内容で、ほぼ倉庫敷地に張り付きです。

なので、平日の昼間に抜け出すことはほぼ不可能だったので、夜、家で検索して見つけたネット申込みには本当に助けられました。初めての借り入れで不安はありましたが、考えている余裕もなかったし、条件を見る限りでは審査も緩いと感じられたので、すぐに申し込み、簡易審査(っていうんでしょうか)で融資可能と表示されたときには不安もすぐに消えました。

あの1ヶ月は「お金ってこんなに出て行くものなのか!」とビックリさせられた時間でした。でも、無事に急場をしのげることができて、少しだけ自分が成長したような気がします。契約したのはカードローンというものなので、また急に出費の波が襲ってきたときには慌てずにお金を借りることができそうなので安心しています。

サラ金からの借金で夜逃げするのは結局は損?それとも得?

今日においてはサラ金業者からの貸出金利は、利息制限法と、2010年になって引き下げられた出資法の上限額により、低く抑えられています。

また、2007年に施行された改正貸金業法の規制により、強引な取り立ては規制されるようになりました。このように今日では債務者は、悪質なサラ金業者からの被害から篤く守られるようになったようにも考えられます。

しかし、この状況においては立場の弱い借り手は、却って借り入れが困難になるという事態も起こっています。この結果悪質なヤミ金業者が立場の弱い借り手に近づくということも起ってきます。

このような悪質な業者の取り立てにあった場合などに夜逃げをはかるような事態も考えられます。この借金苦から逃れるための、古くからある手段は本当に債務者を救うことができるわけでしょうか。

夜逃げなどと言う非常手段を選ばなかった場合、債権の整理をはかることが考えられます。この場合のやり方としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などの方法が考えられます。

これらの方法にはそれぞれ、メリットデメリットが考えられます。

任意整理の場合には弁護士や司法書士と相談したうえで、裁判所を通さず債権の整理を行うものです。この場合債務の減額をはかることは可能ですが、自己破産の場合のように債務が無くなるわけではありません。また自己破産のように財産を手放さなければならないわけでは無く、職業の制限を受けることもありません。しかし、個人信用情報機関のブラックリストに載ることになります。これは他の3つのやり方においても同じです。

特定調停の場合には、裁判所を通じて整理ををおこないます。この場合にも債務が無くなるわけではありませんが、財産を手放さなければならないわけではありません。職業の制限を受けることもありません。ただし、いろいろ制限が多くメリットは多いとは言えないようです。

個人再生の場合、裁判所を通じて再生計画の認可を受け、それに従った返済を行うわけです。この場合も債務は減額できても無くなるわけではありません。職業の制限があるわけでもありません。ただし官報に名前が載ることになります。

自己破産の場合、債権は帳消しにできますが、。そのかわり、自宅や車などの財産を失うことになります。また官報に名前が載り、資格制限のある職業に就くことができません。

債務整理について、おおざっぱに比較してみましたが、これに比べた場合夜逃げという非常手段はメリットがあると言えるでしょうか。まず時効により債務が消えるまでどこかに身を課すしていなければなりません。また家などの財産はほとんど失うことになるでしょう。また、息をひそめてくらす以上職業にも制限を承けます。

それになにより、時効成立までに債権者に発見された場合は元も子もなくなります。これまでの生活場所から遠く離れた場所で暮らすわけですが、その場合住民票を移すことは危険ですが、住民票が無ければ生活は不便です。そこで住民票を移動などした場合そこから債権者に見つかることが考えられます。

これらのことをすべて考えれば、夜逃げという非常手段は、通常の債務整理に比べて決してメリットが有るものとは考えられないと言えます。

消費者金融業者が、債権譲渡をした場合その取立はどこまで合法?

今日、サラ金業者が返済に困った債務者に対し脅迫や暴力行為による強引な取り立てを行うことは法律によって規制されています。

改正された貸金業法では、正当な理由なく夜間に債務者を訪問したり、電話やファクシミリによって連絡を取ることも禁止されています。また訪問して債務者から退去を求められたときに退去しないことも禁止されています。同じく正当な理由なく債務者の勤務先を訪問したり、電話ファックスなどで連絡を取ることも禁止されています。

それから債務者の生命保険金による弁済も禁止されています。また立て看板や張り紙によって債務者の私生活を近隣の人に知らせるような行為も禁止されています。

このように、強引な取り立て行為は、今日では法律上規制されていると言えます。しかし、このように借り手の側に手厚い保護が行われている状況の中では、貸し手の金融業者にとっても気は厳しい状況とも言えます。

このような状況下においては、貸し手の側も貸し出しが困難になっているともいえます。そして貸し手が見つけられない弱い立場の人には、ヤミ金業者などの悪質な業者が貸出を申し出て近づくことが考え有れます。

このような弱い立場の人に悪質な業者が近づいた場合においては、今日においては規制されているはずの強引な取り立てが起こることは十分に考えられます。

また、強引な取り立てと並んで、弱い帶場の債務者が恐れることに、債権の譲渡ということがあります。これは債権の取り立てに困った貸金業者が暴力団関係者などの悪質な業者に債権を譲渡してしまうことがあります。

しかし、改正された貸金業法においては、暴力団関係者やその支配下にある企業にや、犯罪を起こすおそれが明らかなものに債権を譲渡することは禁止されています。

それでも、悪質な業者は今でも活発に活動しており、またそのような業者に頼ることになってしまうような立場の弱い債務者がいるわけですからこのような債権譲渡が行われる危険性は十分に予想されます。

債権譲渡がなされた相手が暴力団関係者であることを確認することも困難を伴います。また犯罪を起こすことが明らかなものと判断することhさらに難しいことです。

立場が弱くても、暴力にやる取立や脅迫などが起こった場合には、迷わず最寄りの警察に通報することが絶対に必要だと言えます。

公務員がサラ金業者からの借金の返済に困ったら。そのときどうなる?

公務員がサラ金などからの借金が返せなくなった場合、民間の企業サラリーマンと何か違いがあるのかどうかについて考えてみましょう。

公務員の場合も民間人と同じ様に、借金の返済ができなくなった場合には、債務整理をはかることになります。その方法は、やはり民間人と同じく任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などとなります。

自己破産の場合、弁護士、公認会計士、弁理士、人事院人事官の場合には、それぞれの法律で、破産者であって復権を得ないものはその職に就くことはできないということになっています。この中で公務員は人事院人事官くらいのものです。

このように一般の公務員の場合、特に民間人と変わることはありません。もし何か門問題があるとしたらどのような場合でしょうか。

たとえば、自己破産に陥るような場合、必要な納税も行っていないことも考えられます。もしそのようなことが世間に知れた場合などには、その公務員は公務員としての世間の信用を失うことになります。このように信用失墜行為が表に出た場合には公務員としての立場を失うことは考えられます。

また、この自己破産に陥った原因がギャンブルに深入りしてその結果であるような場合、なども信用失墜行為と考えら場合もあります。このように信用失墜行為があったかどうか、が問題となります。またそれが世間の知るところとなった場合懲戒処分を受けることは考えるわけです。

しかし、この自己破産の目的とする所は懲戒ではなく、個人の再生であるので自己破産自体を懲戒の理由として考えることには問題があると考えられます。

サラ金規制法。借金苦の人をどこまで守れる?

サラ金規制法とも呼ばれる貸金業法について考えてみましょう。この法律は貸金業者の適正な運営を図るなどの目的で、1983年に施行された「貸金業の規制等に関する法律」が何度かの改正を経て2007年の改正施行時に「貸金業法」が正式名称として使われるようになったものです。

この1983年の改正時にサラ金業者の規制において、重要な意味を持つ内容が加えられました。

このときに決められたことに、貸金業者の取り立て時の行為の規制があります。それまで、われわれが考えていたサラ金業者の取り立ての光景といえば、威圧的な態度で債務者の家に押しかけ、勤め先にも押しかけて、張り紙などでいやがらせをするというものでした。

このような暴力的、あるいは脅迫的な取り立て行為を規制することを取り決めたのがこのときの改正です。

具体的に内容を見てみましょう。まず、夜の9時から億町の8時までの時間帯には、正当な理由なしに債務者の家を訪問したり、電話したりすることが禁止されることになりました。また勤め先を訪問したり電話したりすることも正当な理由がない場合、規制されます。

また、訪問した場合も、債務者の側が退去するように求めれば、退去しなければならないことになりました。つまり相手のところに居座るというような嫌がらせはできなくなったということです。

また、張り紙や立て看板による嫌がらせも規制されることになりました。

また債務者が自殺した場合の生命保険金で弁済が行われることも規制されるようになりました。これで返済する力のない借り手に自殺を強いて、その保険金で返済をさせるというような悪質な取り立ては規制されることになります。

また、債権を暴力団の関係者に譲渡することもできなくなりました。

登録無しに営業を行う貸金業者、ヤミ金に対する罰則も強化されることになりました。

このような貸金業者に対する厳しい規制により、債務者の保護は強められた反面、貸金業者の側が貸出が困難になったことにより、かえって闇金融などの活動の場を作り出すなどの問題点も生み出したとも言われています。

借金の名義貸しで、お金になる。美味しい話の裏の恐ろしい手口!

社会経験の十分でない人たちを狙って、カードローンの名義を貸すだけでお金がもらえるというアルバイトを持ちかける詐欺行為の手口がが存在します。

これは、少し社会経験のある人ならすぐにわかるような単純なやり方です。自分の名義で他人のために借金のカードを作ればその返済義務が自分にかかることぐらいはすぐに気がついてもよさそうなものですが、やはりすぐに現金を渡されて、何もしないで現金を手に入れることができれば自分がよほど利口な人間に思えてくるものです。

特に若いうちにはほかの人間が気づかない簡単な金儲けの手段を得たと思った時にはつい舞い上がってしまうものです。人をだます時には相手を得意にさせるのが早道なのでしょう。

それはともかく、何も知らずに他人の借金の借金を背負わされるのですからこんな危険な話も珍しといえます。

しかしこのような手口のもう一つの問題点はこのような名義貸しによる詐欺をおこなっている者の多くが多重債務者であるといわれていることです。借金に苦しんだ者が他人の単純な欲に付け込んで、相手も借金苦の世界に引きずり込むわけですから、何か陰惨なものさえ感じます。

しかも相手は多少欲張りなだけの単純な未熟な人間なわけですから。それでもやはり何かうまい話を持ちかけられた場合相手がどんな得をするかについては逆に単純に考えればすぐにわかるはずです。

つまりこういうことです。相手は人の名前でカード作る。それならそのカードで金を引き出せる。そこで返済するのはカードに名が載っている者、すなわち名義を貸した者ということです。後から考えると詐欺と云う程のことも無いほどの単純な手口と言えるでしょう。

ブラックリストに載っても貸してくれるサラ金って大丈夫なの?

サラ金など金融業者からの借り入れの返済ができなかったときや、自己破産や個人再生などの手段で債務の整理が行われたときには、個人信用情報機関に事故として登録されることになります。いわゆるブラックリストに名が載せられるわけです。

こううなった場合には、新たな借り入れができなくなるなどの不都合が起こってきます。

それにもかかわらず、一部の貸金業者の広告にはブラックでもOKという文言の広告がされているのを見かけます。これはいったいどういうことなのでしょう。

今日では、貸金業法や、利息制限法などによって貸金業者の活動はには規制が加えられています。このことにより貸金業務の安全性は高まることになったわけですが、その反面利益を圧迫し、貸出量を抑えることにもなります。

この結果、悪質な業者などは表立った活動の場所から締め出されることになり、強引な取り立てなどの手段も封じられた形になります。少なくとも表立った場所においては。

また、貸出量が減ったことで、弱い立場の借り手は、借り入れが難しくなったことも考えられます。このような状況において悪質な業者は弱い立場の借り手をターゲットにすることになり、また弱い立場の借り手はこのような悪質な業者に頼らざるを得なくなることもが考えられます。

ブラックリストに載った人などは借り手としては最も弱い立場と言えるでしょうが、それをターゲットとしている業者に問題があることは十分に予測できることだと思われます。

借金が返せないときサラ金が会社に連絡するのはどんな場合?

サラ金からの借金の返済が困難になった場合、会社にそのことが知れることが問題の原因となることは十分に考えられます。

過去においては会社に金融会社からの電話が頻繁にかかったことで、その社員の借金が同僚の知るところとなり、その社員は同じ会社の同僚からも借金をしていることがばれるということがありました。そして社員同士の金銭の貸借の禁止が職務規定にある場合などにはその社員が職を失うことも実際にありました。

しかし今日では、2007年に改正施行された貸金業法において、正当な理由のない場合に債務者の勤務先を訪問したり、電話を掛けたり、ファックスを送付することは規制されることになっています。

それ以外に、会社に借金についての連絡が行く場合について考えられるのは、裁判所からの給与差押えの命令が来るような場合です。これはその社員である債務者が、借金の返済を怠ってしかも再三の催促にもかかわらず返済をしなかったような場合に起こることです。

こうなっては、会社には連絡どころか命令が来るわけですから問題ははるかに大きくなります。もしこのような事態を避けたいのならば、まず返済を怠らないことが大切ですが、もしそれができない場合で、債権者が差押えの訴えを裁判所に対して行ったときに、これを中止させる方法としては次のようなことが考えられます。

その方法とは、債務者が弁護士と相談したうえで個人再生や、自己破産の手続きを開始することが考えられます。再生手続きの開始が始まると差押中止命令がもらえて、自己破産の申し立てを始めると裁判所に対して、強制執行の中止命令の申し立てをすることができるわけです。

消費者金融からの借金がたまって、しかも無職。そんな時どうする?

今日、サラ金業者とも言われる貸金業者に対しては、貸金業法などによって、悪質な取り立てが規制されており、また暴力団員の介入に対しても厳しい規制が布かれるようになりました。

また、金利においても、出資法の上限が引き下げられて、利息制限法による金利上限との差額の問題もほぼ解決したと言えます。

これらのことは、債務者の権利を守ることにおいては大きな意味を持つといえますが、その反面、貸金業者にとっては貸し出しを困難にするものとなっています。この結果、弱い立場におかれた人は、さらに借金することが困難になったともいえます。

この結果、ヤミ金融などの悪質な業者が、その弱い立場の人に狙いを付けることも起ってくるわけです。たとえば無職の人などの場合、一般の金融業者の借り入れの審査に通ることがど困難な人たちです。

一般の貸金業者の貸し出しが困難になり、条件の悪い弱い立場の人に対する貸し出しを控えているわけですから、そのような人たちにあえて貸し出しをして利益を得ようとすれば何らかの悪質な手段がとられることも予想されます。

また、貸金業法や、利息制限法、出資法の規制が厳しくなることにより、悪質な貸金業者にとっての表立った活動の場が失われた場合、相手の弱みに付け込むやり方を選ぶはずです。

借手にとっても、貸し手にといっても厳しい時期である以上、立場的に追い込まれた悪徳業者が、立場の弱い人に付け込むことには社会全体が気を付ける必要があると言えます。

高利貸しの取り立てに危険を感じたときはどうする?

今日の社会でサラ金など貸金業者からの取り立てが厳しく、危険を感じた場合などにはどうすれば良いのでしょうか。

2007年に改正施行された貸金業法においては、夜間の9時から朝8時までの時間帯に正当な理由なしに、債務者の自宅を訪問したり、電話を掛けたりファクシミリの送付をおこなうことが規制されています。

また、正当な理由なく、勤務先を訪問したり電話やファクシミリの送付も規制されています。また訪問した際に債務者が退去するように求めた場合、それに従わないことも規制の対象となります。

また、債務者の自殺による生命保険金で弁済をおこなうことも規制されています。これなどは過去には、かなり危険な状況が予想されたことを感じさせます。

このように、脅迫や暴力による取り立て行為は、今日では法的に規制されているわけです。また貸金業者が暴力団の関係者に債権を譲渡することも禁止されています。

今日では、取り立て行為ばかりでなく、金利についても利息制限法や、出資法の上限の減額により債務者の安全がまもられるようになっています。このことは逆に見れば貸金業者にとっては厳しい状況とも言えます。このため、業者の貸し出しが困難になっていることも事実です。

そのため、借り入れができなくなった借り手の側が、ヤミ金業者などの悪質な業者に頼るような事態が考えられます。このように弱みを持った借手に対し、悪質な業者が法的に規制されているような取り立て行為に及ぶことは十分に考えられるわけです。

貸金業者の取り立て行為が脅迫や暴力的なものに及ぶときには、すぐに最寄りの警察に通報しなければなりません。

サラ金からの借金が返せないとき、弁護士に相談してできることとは

借金の返済が困難になった場合、債務の整理を行わなければならない事態に陥ることが考えられます。

このような場合の手段には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などがあります。

任意整理の場合、債務者は債権者と話し合って和解することが必要です。このとき普通弁護士か司法書士と相談のうえで行います。やはりこのような業務になれた弁護士などに頼むのが賢明です。

これ以外の特定調停、については個人で行うことが可能なため、費用の面では安く済むことが考えられます。しかし、債権者にとってはメリットの少ない話ですし、債権者と債務者の力関係を比べるなら、債権者の立場が強いに決まっています。この場合にも弁護士か司法書士に相談することが有利といえるでしょう。

自己破産、個人再生についても裁判所を通じて行うもので、弁護士との相談が必要となります。

また、債務整理が開始されて、その旨が弁護士や裁判所から書面で債権者に通知されたときには債権者の取り立て行為は規制されることになります。

債務の返済が困難になった場合早い時期に弁護士に相談して債務の整理を検討するべきであるということが言えます。この場合債務整理などの業務に熟達した弁護士を探して、どのようなやり方が一番適切かを十分に検討するべきです。

先に挙げた債務整理のやり方には、それぞれメリットデメリットがあります。これは債務者にとってのメリットとデメリットもありますが、弁護士の側から見てのメリットデメリットというものもあるわけです。弁護士の中にはすぐにお金が入るという理由で自己破産を勧める人もいるという話もあります。

ともかく信頼のできる弁護士相談することが必要だと言えます。